【Outlook】IMAPで削除済みアイテムのメールが見えない時の解決方法

PCをWindows10にするタイミングでメーラーをOutlook2016に変更したところ、削除済みアイテムの中のメールが見えなくなってしまいました。見えるようにするための手順を備忘録として残しておきます。

 

 

前提条件

今回は、次のような前提条件があります。

  • メーラーをOutlook以外からOutlook2016に変更
  • IMAPでメールを取得

 

わたしの場合は、もともとThunderbirdを使っていました。PCをWindows10にかえるタイミングでOutlook2016にしたところ、削除済みアイテムの中のメールが見えなくなりました。下図のような状態です。

 

 

過去に削除したメールが見えるフォルダ

いろいろ調べたところ、この「削除済みアイテム」というフォルダで見えるのはOutlookで削除したメールだけのようです。つまり、過去にThunderbirdで削除したメールは、このフォルダには表示されないということになります。

では、Thunderbirdで削除したメールはどのように閲覧することができるのでしょうか。どうやら「Trash」フォルダで確認できるようです。しかし、そもそも「Trash」フォルダが初期設定のままでは表示されていないようです。

 

 

「Trash」フォルダを表示させる方法

まずは、メニューの「フォルダー」から「IMAPフォルダー」をクリックします。

 

次に「すべて」タブを選択した状態で「クエリ」ボタンをクリックするとフォルダーの一覧が表示されます。

 

下図のようにフォルダ一覧の中に「Trash」フォルダがあるのが分かります。「Trash」フォルダを選択した状態で「購読」ボタンをクリックします。

 

購読済みになると「Trash」の前に小さなフォルダアイコンが表示されました。この状態で「OK」ボタンをクリックします。

 

 

結果の確認

Outlookを再起動して確認すると「Trash」フォルダの中にThunderbirdで過去に削除したメールを確認することができました。

 

 

メールソフトの設定くらい簡単にできると思っていましたが、まだまだ知らないことがあるな・・・と思い知らされました。では、今回はここまでです。

 

>コアース株式会社

コアース株式会社

業務システム開発一筋32年

コアースは、オーダーメイドでシステム開発を行う大阪の会社です。 特に中小企業様のニーズにぴったりなシステムをご提案いたします。

CTR IMG