Windows10 Windows7

Win7 から Win10 へのアップグレードでMicrosoftアカウントは必要か

Windows7 のサポートが2020年1月14日に終了します。それに先立ち、PCは買い替えずにWindows7 から Windows10 へアップグレードされる企業様も多いことと思います。

Window10 のパッケージ版を購入しますと、インストールをする前に「Microsoftアカウント」を準備するようにという趣旨のことが記されています。小さな会社さまなどの場合、Microsoftアカウントも組織アカウントも取得しておられないことが十分考えられます。Windows10 へのアップグレードの際に「Microsoftアカウント」は必要になるのでしょうか。

答えを先に言いますと、「Microsoftアカウント」(個人アカウントも組織アカウントも含む)がなくても Windows10 へのアップグレードは可能です。

Windows7 でローカルアカウントでログインしていた場合、Windows10 へアップグレードしても同じローカルアカウントでログイン可能です。

また、Windows7 で Active Directory でのログインをしていた場合であっても、Windows10 で引き続き Active Directory でのログインが可能です。

可能ではありますが、機能の一部が制限されます。たとえば、Microsoft社が提供するOne Drive のようなクラウドサービスは「Microsoftアカウント」がないと利用することができません。とはいえ、Word や Excel をローカルPCの環境で使ったり、メールのやり取りをしたり、インターネットを閲覧するといったことは、「Microsoftアカウント」がなくても問題なく行うことができます。

PCが数台程度の小さな会社さまの場合、Microsoftの職場アカウント(組織アカウント)を取得するのはかえって面倒だと感じられることがあるかもしれません。また、セキュリティ上の観点でクラウドサービスは利用したくないという考えもあります。そのような場合は、機能の一部が制限されることを確認した上で「Microsoftアカウント」は取得せずにローカルアカウントを引き続き使うことも検討できます。

では、今回はここまでです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
社長

社長

8年間の客先常駐を経験後、いったんソフトウェア業界を離れ、事業承継のために再びこの業界に戻ってきた異色のエンジニア。ただ今、SEOやWebマーケティングに注力中。

-Windows10, Windows7

Copyright© コアースのブログ , 2020 All Rights Reserved.