パソコンサポート

ThunderBirdでメール作成時に改行幅が大きくなった場合の対処法

みなさんはメールソフトは何を使っておられるでしょうか。無料で使えるメールソフトとしてThunderbirdを使っておられる方も多いことと思います。

さて、Thunderbirdはとてもよくできたメールソフトで自動的にバージョンアップもしてくれます。そして、ときおりバージョンアップの結果、操作性などが変わってしまうこともあるようです。

最近のバージョンアップで改行したときの行間が随分大きくなってしまった・・・という方はおられないでしょうか。下の写真のようなイメージです。

さて、この図を見てみますと「ああああああああ」と「いいいいいいいい」との行間がとても大きくなっているのが分かります。間に一行挿入されているようにも見えますが、実際には間に行は挿入されていません。

この大きな行間は、赤で囲んだ「段落<p>」という設定が原因のようです。

デフォルトで「段落<p>」に設定されていますので、この設定を変更することで問題を解消することができるようです。

では、どのようにこの設定を変更するのでしょうか。まず、Thunderbirdの右上にあるメニューボタン(下図の赤で囲っている箇所)をクリックし、「オプション」を選択します。

さらに、「オプション」をクリックします。

すると下図のようなウィンドウが表示されます。メニューで「編集」をクリックし、「一般」タブを選択します。そして、「既定で本文テキストの代わりに段落書式を使用する(P)」のチェックを外します。最後に「OK」ボタンを押して設定完了です。

設定完了後にメッセージを作成しますと大きな行間がなくなりました。

今回はここまでです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

社長

8年間の客先常駐を経験後、いったんソフトウェア業界を離れ、事業承継のために再びこの業界に戻ってきた異色のエンジニア。ただ今、SEOやWebマーケティングに注力中。

-パソコンサポート

Copyright© コアースのブログ , 2022 All Rights Reserved.