Gandi.net

gandi.netで開発者向け「.dev」ドメインを取得する方法

投稿日:

レジストラのgandi.netで「coeure.dev」を取得しました。その手順をご紹介します。

gandi.netのアカウントを持っていなかったので、アカウントの取得も含む手順になっています。

 

 

取得可能なドメインかどうかの確認

まずは、gandi.netのトップページのメニューから「 ドメイン 」を選択します。ここで、取得したドメインが取得可能かどうかを調べます。

 

 

「登録」を選択した状態で、今回取得する「coeure.dev」と入力し、虫眼鏡の部分をクリックします。

 

 

取得可能な場合、緑のチェックマークと価格が表示されます。すでに取得されている場合は、赤の×マークとともに利用不可と表示されます。その場合は、さらに別のドメイン名を入力して取得可能なものを探すしましょう。取得可能なドメインが見つかったなら、次に金額の横のカートマークをクリックします。

 

 

下図のような画面が表示されます。内容を確認して「支払いに進む」をクリックします。

 

 

デフォルトで「1年間」の費用が表示されています。ここでは変更することができませんが、あとから登録期間を変更することができます。内容を確認して間違いなければ「支払いに進む」をクリックします。

 

 

アカウントの作成

最終的な支払の前にアカウントを作成する必要があります。下図のようなアカウントを登録する画面が表示されます。「アカウントを作成」ボタンをクリックします。

 

 

ログイン時に使用するメールアドレス、希望するユーザー名、パスワードを入力します。利用規約に同意するチェックをし、作成ボタンをクリックします。

 

 

 

続いて、アカウント情報を入力します。会社名、住所などの連絡先などです。また、通貨を選択する項目もありますが、日本の場合、通常は「JPY」を選択することができます。最後に続行ボタンをクリックします。

 

 

支払手続き

アカウント情報の入力が終わったら、次に支払い情報を入力します。先ほど入力したアカウント情報をもとに「請求先」の情報がデフォルトで表示されています。問題なければ「続行」ボタンをクリックします。

 

 

契約期間を変更することができます。デフォルトは1年間です。同意が必要な個所は、詳細を確認した上でチェックします。ちなみに「詳細を確認」をクリックすると英語で説明されたページが表示されます。最後に「支払いに進む」ボタンをクリックします。

 

 

支払方法を選択します。「クレジットカード」、「PayPal」、「銀行振込」、「ビットコイン」の中から選択することができます。わたしの場合は、クレジットカードでの支払いが都合が良いので「クレジットカード」をクリックしました。

 

 

クレジットカードを選択後、さらにクレジットカードの種類を選択します。「Visa」、「MasterCard」、「アメリカン・エキスプレス」、「JCB」、「マエストロ(MasterCardブランのデビットカードだそうです)」の中から選択します。最後に「クレジットカードで支払う」をクリックします。この後、クレジットカード情報を入力して支払いを完了させましょう。

 

 

これでドメインの取得は完了です。さて、このドメインを何に利用しましょうか。。。利用方法を決めたらまたブログでまとめてみたいと思います。

では、今回はここまでです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
社長

社長

8年間の客先常駐を経験後、いったんソフトウェア業界を離れ、事業承継のために再びこの業界に戻ってきた異色のエンジニア。ただ今、SEOやWebマーケティングに注力中。

-Gandi.net

Copyright© コアースのブログ , 2019 All Rights Reserved.