はじめてのホームページ作成 ホームページ作成

リスティング広告①- 新米Web担のためのホームページの作り方 | 第36回

今回は、リスティング広告について取り上げたいと思います。 リスティング広告はその使い方次第で、ホームページへのアクセス数を向上させることも可能ですので、以下の概要を見て、導入を検討できるかもしれません。

 

 

リスティング広告とは?

リスティング広告とは、Google や Yahoo などの検索エンジンで特定のキーワードを検索したときに、上部に表示される広告のことです。

そして、これはPPC広告(Pay per Click)と呼ばれる広告の一種で、ユーザがワンクリックするたびに使用料が課金されるようなシステムを導入しています。

多くの場合、Google が運営する Google広告(Google AdWords) か、Yahoo が運営する Yahoo!JAPAN プロモーション 広告 の2種類が使用されます。

特定のキーワードで検索したときに以下のようにリスティング広告が表示されます。

 

 

 

リスティング広告を活用するメリット

そのメリットはずばり、「お金を払いさえすれば、検索順位の上部にもってこれること」だと思います。

特定の検索ワードを入力したときに、検索エンジンで自社のホームページが上位に出てくることはとても重要です。

例えば、もう一度先ほどの検索画面に注目してみてください。

「リスティング 広告」というキーワードを検索エンジンに入力した際、何件くらいのページが検索に引っかかっているでしょうか?

 

なんと、300万件以上のページがヒットしていることが分かります。

ただ、これほど膨大にあるページの中で、多くの人の目に留まるのは、非常にわずかなページだけです。

一般的に、最初の検索結果のページに表示される10件程度のページのみを多くの人はクリックします。 ご存知のように、この検索結果の上位に自社のページを持っていくようにする対策のことをSEO対策といいますが、それらのSEO対策を行なっても、多くの人がよく用いるキーワードで検索結果の上位にもってくることはそれほど簡単ではありません。

それに対して、リスティング広告の場合は Google もしくは Yahoo などに費用を支払うことによって、検索結果ページの上部に表示してもらうことが可能なのです。

もちろん、これらの「リスティング広告」は他の検索結果と異なり、タイトルの下のURLには「広告」と表示されます。

それで、単に情報を得たいと思っているユーザーは反応を示さない可能性もありますが、広告がユーザーの関心にとまるようなものであるなら、クリックしてもらい、自社のページを見てもらうことが可能です。

ではこのリスティング広告の料金システムや特徴に関しても確認しておきましょう。

 

 

リスティング広告の特徴

※ここでは特にGoogle広告(Google AdWords)について取り上げます。

 

PPC広告(1クリックごとに料金が発生)

先にも取り上げたように、このリスティング広告は「PPC広告」の一種です。

それで、ユーザーがあなたのリスティング広告を1クリックするごとに料金が発生し、広告掲載料として費用を Google に支払いを行なうことになります。

逆に言いますと、クリックされなければ料金は発生しませんので、低予算から始められるというメリットも存在します。

ちなみに、クリックのたびにお金が発生することに少し不安を感じる方もおられるかもしれません。例えば、競合相手や単なるいたずらであなたの会社のリスティング広告を何度も悪意のあるプログラムにより仮想的にクリックし、多額の請求を負わせるなどの問題です。

ただ、Google側もこれらの不正クリック問題に対する対策を進めており、通常の人間によるクリックと、不正なクリックを判別し、不正なクリックはカウントしないようにしていますので、これらの不正クリック問題はあまり心配しなくてもよくなってきているようです。

 

 

広告料金は入札方式(変動あり)

※課金方法は、「クリック単価制」「インプレッション単価制」「目標コンバージョン単価制」とあり、選択できるようですが、ここでは、「クリック単価制」について説明します。

 

1回クリックしたときに発生する料金を「クリック単価」と呼んでいます。

そして、この「クリック単価」×「クリック数」が広告費用となります。

そして、この「クリック単価」は入札形式をとっており、常に変動する可能性があります。

つまり人気のあるキーワードは単価が高くなり、あまり人気のないキーワードの単価は安くなるというわけです。

クリック単価は数百円のものから数千円のものまで様々です。

それで、月々何百万円もこのリスティング広告のために出費する企業もあれば、数万円で行っている企業もあります。

 

 

広告の表示順位は「入札価格」×「広告品質」

リスティング広告の中でも表示順位があります。 それは先に取り上げた「入札価格(クリック単価)」と「広告品質(品質スコア)」によって判断されます。

この「品質スコア」とは、簡単に言うと「その広告がどれほどユーザーによってクリックされているか」というものです。

つまり、人気のあるワードを指定し、その広告がクリックされればされるほど、広告順位として上部にくるようになり、それによってますます広告のクリック数がアップするということになります。

そのような訳で、このリスティング広告のために多額の広告費を支払っている企業もあれば、それほど払っていない企業も存在しているというわけです。

このリスティング広告を導入するかどうかは、これらの広告費の支払いに対して、それに見合った利益を得ることができるかという点を慎重に考慮することが必要そうです。

 

 

いつでも始められ、いつでもやめれる

他の多くの広告と異なり、これはいつでもすぐに始めることができるとともに、いつでもやめることができる点が特徴です。

Google広告には契約による利用期間などの拘束はありません。 やってみて、あまり効果がなければやめるということもできます。

 

 

まとめ

このように、リスティング広告には多くのメリットが存在する一方、その広告が実際の利益につながるのかも十分に確認する必要があります。

次回は、効果的なリスティング広告のためのポイントをまとめたいと思います。

 

-はじめてのホームページ作成, ホームページ作成

Copyright© コアースのブログ , 2021 All Rights Reserved.