【Bitnami Redmine】Let’s EncryptでSSL化する途中でエラーになった場合の対処法

Bitnami RedmineをLet’s Encryptを使ってSSL化するときに、エラーが発生しました。

Azureポータルでhttpsのポートを許可していなかったことが原因でした。再度実行してもエラーになりました。単純にやり直してもうまくいかないようです。

以下の公式サイトの指示通りにして、リカバリーできましたのでメモを残しておきます。

 

 

前提条件

Microsoft Azureの仮想マシンにBitnami Redmineをインストールしています。SSLの設定は、bncert-toolを使って行い途中でエラーになったという前提です。

  • OS:CentOS7.7
  • Bitnami Redmine:Bitnami Redmine4.1.1-7
  • SSL証明書:Let’s Encrypt

 

 

解決方法

以下の公式サイトを確認します。

https://docs.bitnami.com/general/how-to/generate-install-lets-encrypt-ssl/

 

 

公式サイトのページの中程に「トラブルシューティング」または「」と記された箇所があります。

まずは、Bitnami Redmineがインストールされている仮想マシンにTera Termなどのターミナルエミュレータを使ってログインします。rootでログインしましょう。

次のコマンドを実行します。

# crontab -e

 

 

このコマンドを実行すると、エディタでcronを編集できるようになります。わたしの環境ではviエディタでcron設定ファイルが開きました。

ファイルの中の証明書の更新に関連する行/コマンドをすべて削除します。わたしの環境の場合、以下の1行を削除しました。

0 0 * * * /opt/redmine/letsencrypt/lego --path /opt/redmine/letsencrypt --email="メールアドレス" --http --http-timeout 30 --http.webroot /opt/redmine/apps/letsencrypt --domains=ドメイン名 renew && /opt/redmine/apache2/bin/httpd -f /opt/redmine/apache2/conf/httpd.conf -k graceful # bncert-autorenew

 

 

削除できたらファイルを保存して閉じましょう。わたしの環境では、これで解決しました。

これでも解決できない場合は、bitnamiユーザのcronジョブを削除する必要があるようです。

# crontab -e -u bitnami

 

 

bitnamiユーザが不明の場合は、下記の場所を探してみることができます。わたしの環境ではrootだけが表示されました。rootユーザのcronジョブのみ存在しています。他のユーザのcronジョブも存在する場合は、内容を確認してみると良いと思います。

# cd /var/spool/cron/
# ls
root

 

 

最後にBitnamiを再起動します。

# cd j/opt/redmine/  これはbitnamiインストールフォルダなのでそれぞれの環境に合わせてください。
# ./ctlscript.sh start

 

 

動作テスト

もう一度、Let’s Encryptの設定をしてみましょう。以下の記事でまとめています。

【Azure VM+Bitnami Redmine】Let’s Encryptを使ってSSL接続する方法

 

 

うまくSSL接続ができるようになればOKです。今回は、ここまでです。

>コアース株式会社

コアース株式会社

業務システム開発一筋32年

コアースは、オーダーメイドでシステム開発を行う大阪の会社です。 特に中小企業様のニーズにぴったりなシステムをご提案いたします。

CTR IMG