【Azure VM+Bitnami Redmine】mixhostを使ってサブドメインを割り当てる方法

Microsoft Azureの仮想マシンにBitnami Redmineをインストールする場合、初期設定のままだとRedmineにアクセスするためのURLは「http://[仮想マシンのパブリックIPアドレス]/redmine/」になります。

しかし、Let’s EncryptでSSL接続する場合は、IPアドレスではなく、ドメインでのアクセスを可能にしておく必要があります。

今回は、自社のドメインなどお好みのドメインのサブドメインをMicrosoft Azureの仮想マシンに割当てる方法をご紹介します。

Microsoft Azureの仮想マシンにBitnami Redmineをインストールする方法については下記の記事でまとめています。

【Azure VM】CentOS7にBitnami Redmineをインストールする方法

 

 

前提条件

  • Microsoft Azureの仮想マシンにBitnami Redmineがインストールされていること
  • mixhostの契約をしていて、使用したいドメインのDNSレコードを編集可能であること

mixhost以外のレンタルサーバでもDNSレコードの編集は可能と思いますが、今回はmixhostを例にご説明いたします。

以下の点は必須条件ではありませんが、バージョン情報などを記しておきます。

  • OS:CentOS 7.7
  • Bitnami Redmine:Bitnami Redmine 4.1.1-7

 

 

Microsoft Azureポータルでの設定

まずは、Microsoft Azureポータルにログインします。[ホーム]-[Virtual Machines]からRedmineがインストールされている仮想マシンを選択します。

DNS名の「構成」をクリックします。

 

 

DNS名ラベルを入力します。お好みの名称で大丈夫です。入力後、「保存」ボタンをクリックします。

 

 

再度、[ホーム]-[Virtual Machines]からRedmineがインストールされている仮想マシンを選択します。今度はDNS名が表示されています。DNS名はあとで必要になりますので、メモしておきましょう。

ブラウザで「http://[DNS名]/redmine/」にアクセスできるかを確認します。アクセスできたらAzure側の設定は完了です。

 

 

mixhostの管理画面cPanelでの設定

mixhostの管理画面cPanelにログインします。[ドメイン]-[Zone Editor]を選択します。

 

 

次に、対象のドメインの「+CNAME RECORD」ボタンをクリックします。

 

 

下図の画面が表示されたら、名前とCNAMEを入力します。

  • 名前:Azureの仮想マシンに割当てたいサブドメイン名を入力します。「△△△.ドメイン名.」という表記になります。「△△△」の部分は任意の名前にすることができます。ドメイン名の最後に「.」つけます。
  • CNAME:AzureポータルでメモしたDNS名を入力します。

 

最後に「CNAMEレコードの追加」ボタンをクリックして完了です。

 

 

動作確認

ブラウザで「http://△△△.ドメイン名/redmine/」にアクセスしてみましょう。Redmineの画面が表示されたらOKです。では、今回はここまでです。

 

>コアース株式会社

コアース株式会社

業務システム開発一筋32年

コアースは、オーダーメイドでシステム開発を行う大阪の会社です。 特に中小企業様のニーズにぴったりなシステムをご提案いたします。

CTR IMG