【EXCEL】Webからのデータをエクセルにきれいに取り込む方法

ランキング情報など、Webからのデータをエクセルに取り込みたい時があります。データ部分を選択してコピペでもできないわけではありませんが、きれいにインポートできません。どうしたらいいのか、かんたんな方法を解説します。

コピペではうまくいかない

引用元:Wikipedia

例えば、国別GDPのランキングデータをWebからエクセルへ取り込みたい場合で説明します。

 

画像のように、欲しいデータ部分を選択して、コピーして貼り付けようとするかもしれません。

 

単純にコピペしても、上の画像のようにきれいにデータを取り込むことができません。データを使える状態にするには手間と時間がかかってしまいます。

かんたんできれいに取り込むには、どうしたらいいでしょうか。

 

Webからのデータを取り込む方法

手順は以下の通りです。

  1. URLをコピー
  2. 「データ」タブの「WEBから」をクリック
  3. URLを貼り付けて「OK」
  4. リストから該当するデータを選択して「読み込み」

 

① URLをコピー

まず、対象ページのURLをコピーします。

 

②「データ」タブの「WEBから」をクリック

データを取り込みたいブックを開きます。「データ」タブにある「Webから」をクリックします。

 

③ URLを貼り付けて「OK」

「Webから」というウィンドウが開きます。「URL」の部分に、先程コピーしたURLを貼り付け「OK」をクリックします。

 

④ リストから該当するデータを選択して「読み込み」

今度は「ナビゲータ」ウィンドウが開きます。同じWebページに複数のテーブルや一覧がある場合、左側に表示されるリストから該当するものを選びます。

どれかを選択すれば、右側の「テーブルビュー」にビューが表示されます。取り込みたいデータかを確認して、最後に右下の「読み込み」をクリックしてください。

 

こんなふうに、きれいにデータを取り込むことができます。テーブルのスタイルも変更可能です。

 

データの更新も可能

上記の手順で取り入れたデータは、最新のデータに更新できます。

 

「すべてを更新」をクリックすると、その時点で「最新のデータを取得」してくれます。Web上のデータと連動して、最新のデータが反映されるというわけです。便利ですね!

 

まとめ

いかがでしたか。今回は、Webからのデータをエクセルにきれいに取り込む方法でした。データを最新の状態に更新できるのもいいですね!

次回もお楽しみに!

>コアース株式会社

コアース株式会社

業務システム開発一筋32年

コアースは、オーダーメイドでシステム開発を行う大阪の会社です。 特に中小企業様のニーズにぴったりなシステムをご提案いたします。

CTR IMG